毎日の意識が痛風を予防する~ミスター健康~

医者

重要な造血幹細胞移植

病棟

白血病とは、造血幹細胞ががんに変異した病気のことです。がんの治療で重要になるのが、造血幹細胞移植です。造血幹細胞を移植することで、新しい正常な血液細胞を作って、白血病を治すことができます。

Read More...

早期発見で治る

笑顔

乳がんは早期発見することで80パーセント以上の確率で治すことができます。ですから、乳がんで絶望を味わないためにも、定期的に検診を受けるようにした方が良いです。早期発見なら乳房を温存して治療ができます。

Read More...

痛風の原因

痛風の予防に最適なのは?

看護師

痛風の原因となってくるのは、やはりプリン体です。プリン体を過剰に摂取してしまうと、そのツケが5年後10年後に回ってきます。ですから、痛風を予防するためにも、プリン体を多く含む食品を控えることが大切です。 そのためにはまず、プリン体を多く含む食品を知る必要があります。あん肝や白子、他にも牛ヒレ肉もプリン体を多く含んでいます。他にも、カツオやサンマもかなりプリン体が多いので、それらの食品を摂取するときには注意が必要です。また、飲酒は痛風の原因となります。痛風の予防を効果的に行うのなら、飲酒量をできるだけ抑えることも守る必要があります。 しかし、予防をどれだけ行っても、それまでの生活習慣がよくなければ、その後に症状が出ることはあります。ですが、予防策を敷いておくことで、症状を軽くすることはできる可能性がありますから、やってみる価値は十分にあるでしょう。

痛風の原因と予防

痛風とは食生活やストレスなどが原因となり、体内で増えてしまった尿酸と言う物質がナトリウムと結びつき結晶化してしまい激しい痛みを伴うものです。主に手足の関節に発症することが多いですが、足首や手首、肩に発症することもあります。 痛風の原因となる尿酸は体内で作られるものと、食品に含まれるものもあります。尿酸は主にプリン体と言う物質から生成されます。 ビールに含まれることで知られるプリン体ですが、肉や魚にも多く含まれます。 これらを改善、予防してくれるのが緑黄色野菜や海草類です。毎日の食事を野菜中心に変えることで痛風の予防ができます。 またストレスを溜めすぎないように心がけると予防に繋がります。適度な運動をすると痛風だけでなく肥満予防にもなります。

早期治療で乳房を残す

笑顔

乳がんを治すためには、早期発見、早期治療が重要です。セルフチェックは早期発見に繋がります。早期治療を行うことができれば、乳房を切除することなく、手術することが可能です。

Read More...