毎日の意識が痛風を予防する~ミスター健康~

医者

重要な造血幹細胞移植

病棟

血液の三大悪性腫瘍として知られているのが、白血病です。白血病の他に、三大悪性腫瘍は悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などがあります。がんは肝臓がん、胃がんというように、名前にがんが付くことが多いですが、白血病もがんの種類の1つで、造血幹細胞ががんに変異したものなのです。造血幹細胞とは、骨髄の中にあるもので白血球や赤血球などの元となる血液細胞を作っている細胞です。その重要な細胞ががん化してしまうと、異常に血液細胞が増えてしまい、正常な血液細胞が少なくなってしまうのです。すると、出血、発熱、貧血などの症状を感じます。徐々に免疫力も低下していき、病気になりやすい体になってしまいます。

白血病の治療法は化学療法、造血幹細胞移植、放射線療法などがあります。急性骨髄性白血病の場合は、寛解導入療法、地固め療法、強化療法という順番で治療していきます。急性骨髄性白血病は進行するのが早いタイプの白血病なので、なるべく早く治療することが大切です。対して慢性骨髄性白血病の場合は、放置していると数年以内には急性骨髄性白血病になってしまうので、そうなる前に治療することが重要になります。慢性骨髄性白血病の場合は、分子標的治療薬を使って治療することが多いです。イマチニブという薬を服用することで、異常なタンパク質の働きを抑えることができます。急性、慢性どちらのタイプでも、白血病の治療で重要になるのが造血幹細胞移植です。造血幹細胞を移植することで、正常な血液細胞を作って白血病を治すことができるのです。治療の流れとしては、移植する前に抗がん剤を使用して白血病細胞を消滅させた後に、提供してもらった造血幹細胞を移植していきます。ただ、この治療は体に負担がかかるので、治療に耐えられるような体力がある体じゃないと、治療を行うことはできません。